SaaSサービス

男性ネットワークで提供されるサービスをレンタルしてECサイトを構築する手法です。レンタルですので多額のイニシャルコストはかかりません。

SaaSサービスはASPサービスが進化したものです。ASPサービスはカスタマイズがほとんどできないのが弱点でしたが、SaaSサービスは高度のカスタマイズ性を持っています。またASPサービスは原則的に他のアプリケーションとの連携ができませんが、SaaSサービスでは各種アプリケーションとの優れた連携性を実現しています。ASPサービスと比較し問題が生じた際の解決までのスピードが速いという長所もあります。これは、ASPサービスの運用管理主体が第三者企業であるのに対し、SaaSサービスの運用管理主体は開発企業であることによります。ちなみに、SaaSサービスを取り入れているMODDでも、アプリケーションやサーバーの貸与をし、セキュリティの体制も整えています。

アプリケーション/サーバー/回線等を丸ごと貸与する仕組みだから、各種保守、異常監視、セキュリティアップグレード等、各種運用がストレスフリー。導入顧客は、24時間/365日の稼働要件が伴う、EC運用業務プロセスにおける各種ストレスとリスクを大幅に軽減することが可能です。

引用 [ECサイト構築サービス / MODD SaaS

費用においても、SaaSサービスはASPサービスよりもさらに低く抑えることができます。ASPサービスは通常年間契約で使用料を払いますが、SaaSサービスは水道光熱費と同じく使用した分だけを支払うというシステムであったり、月払いであったりするからです。

SaaSサービスは、ASPサービスよりも低い価格でパッケージサービス並みのカスタマイズ性の高さを実現した素晴らしいECサイト構築サービスと言えるでしょう。

ASPサービス

ネットワークを経由して提供されるサービスをレンタルで借りてECサイトを構築する形態です。ECサイト構築に必要な機能が全て含まれているので、すぐに営業を始めることができます。レンタルなので、イニシャルコスト、ランニングコスト共に低く抑えることができ、手軽に始めることができます

スマホネットワークを介して利用するので自社PC、サーバーにインストールする必要がなく、使用可能なブラウザで利用でき、ECサイト運営のみならず、販売管理システムや給与計算システムなどさまざまなサービスをレンタルで利用することができます。ASPサービスでネットショップ構築を行うと、サーバーやソフトウェア管理の必要がなくなるので、ECサイト管理運営がブラウザ上で簡単に行うことができます

弱点としては、レンタルであるのでテンプレートの数が少なかったりしてECサイトのデザインの自由度が低く、自分たちのニーズに合わせたカスタマイズができないことです。イニシャルコストが0~数十万円、ランニングコストが月額数千円〜5万円ほどと費用が安く抑えられる反面、ECサイトは取扱商品の変化や顧客の要求の変化に対応しなければならずカスタマイズの必要性がどうしても出てきますので、これは不便な点と言えるでしょう。

SaaSサービス

パッケージサービス

最初にできたECサイト構築方法です。法人向けのBtoB ECサイト、一般消費者向けのBtoC ECサイト、ショッピングモール向けECサイトなど、さまざまなラインナップがあります。

かご商品管理、受注機能、決済機能、会員登録機能などECサイト構築に必要な機能が標準装備されており、一元管理をすることができます。パッケージを購入してからそれをカスタマイズしていく方法ですので、まずパッケージ購入のためのイニシャルコストが必要となります。カスタマイズが容易で拡張性も高く、自分たちが作りたいデザインやニーズに沿ったECサイトを自由に構築することができますが、そのためのWEBに関する知識が要求されます。

初期サービスだけを買い取る方法ですので、カスタマイズにかかる費用や、サーバー及びネットワークの管理運営費用などのランニングコストも全て自分たちの負担となります

イニシャルコスト、ランニングコストとも様々な価格の商品がありますが、イニシャルコストで数十万~数千万円、ランニングコストで月額数万〜数百万円と高額で、個人で気軽にネットショップをオープンしたいという人には向いていません。資金力のある企業でよく利用されているサービスです。

ASPサービス

ECサイトを構築する

パソコンネットショップをオープンしたい場合、ショッピングモール型ECサイトに出店をする方法と、は自分たちでECサイトを構築して運営を行う方法の2種類があります。いずれの方法を採るにしても、まず自分たちでECサイトを構築する必要があります。

ECサイトの構築にはどのような手段があるのでしょうか。大きく分けて「パッケージサービス」、「ASPサービス」、そして「SaaSサービス」の3つの種類があります。それぞれのサービスに特徴がありますので、それをよく理解し、自分たちに最適のサービスを選ぶ必要があります。

ECサイトはホームページとは異なり、実体店舗のオープン、運営と基本的に同じであると考えてよいでしょう。ECサイトを作り、それでほったらかしというわけにはいかず、頻繁にECサイトを更新したり、商品を配送したりする作業、そしてアフターサービス、返品などにも対応しなければならないのです。商品を販売するための広告宣伝はどのように行えばよいかも考えないといけません。

利益を出すためには費用を低く抑える必要がありますので、それぞれのサービスの費用もよく比較検討するべきでしょう。つまり3つのサービスを比較する時、重要なポイントは自分たちが使いやすいECサイトにカスタマイズできるかどうかということと、いかに費用を安く抑えることができるかという2つになるでしょう。このサイトでは3つのECサイト構築サービスをわかりやすく比較検討します。